"TooMuch DualTime" by RogerDubuis

toomuch11.jpg

.

2003年のSIHHで発表された Too Much Dual Time

2本の時針は、左がホームタイム、右がGMT
中央に共通の分針

時針は、ジャンピングアワーになっていて、分針が12時に来ると、ぴょんと30度右回りします。
GMTの時針は、竜頭の突起部分を押すごとに、1時間ずつ進みます。


toomuch03.jpg



☆購入の経緯



夏も終わりの8月27日。某百貨店のワールドウォッチフェアの初日。

事前のチェックで私が注目していたのは、ジャガールクルトの新作クロノグラフ、オーデマピゲの大きくなったローヤルオーク、カルティエのトノー2タイムゾーン、ランゲ&ゾーネのランゲ1タイムゾーンあたりでした。



toomuch04.jpg
(この時は、まさかこうなろうとは思いもよりませんでした。)


 会場を一周した後、懇意にしてもらっているYさんの顔につられて、何気なくロジェデュブイのブースへ。

 すると、TooMuch DualTimeの白文字盤(RGケース)が目に入り、せっかく来たのに何も試着しないのはどんなものかと。
 「これ、いいですねぇ。ちょっと見せてもらえますか。」
 「もちろんです。どうぞ。」と優しいYさん。
 「やっぱりかっこいいですねぇ。これは手巻きですか。」
 「手巻きです。」
 「へぇ??。・・・って、これ、1番じゃないですか。」

 ロジェは、一部のモデルを除いてすべて28本限定製作で、裏に28分のいくつ、という番号が振ってあります。ただし、ケース素材や文字盤違いも別なReferenceになるので、TooMuch DualTimeがこの世に28本しかない、というのではありません。

 「そうなんです。これ、1番なんですよね。このモデル自体、今年になって市場に出たものですから。」

 1番、何といい響きなのでしょう。愛用中のゴールデンスクエアは28分の28。今度は28分の1。何といい響きなのでしょう。

 手に当てて喜びが増す。ロジェの時計の最大の魅力です。試着の時点でかなり心が揺さぶられていたところに、追い討ちをかける「1番」の響き。。。ああ、またもや、1ラウンドKOなのか。。。

 しかし、そんなことで一発KOされるほどヤワではありません。思い出しました。今年はブラックダイヤル(黒文字盤)とスポーツモデルが「テーマ」でした。

 「でも、今年は黒文字盤がいいなぁと。。。」
 「ブラックダイヤル、ありますよ。」と、裏の引出しをゴソゴソするYさん。
 戻ってきたYさんの手には、同じTooMuch DualTimeの黒文字盤(WGケース)があったのでした!待ったなし、です。



toomuch06.jpg
(何と、T31.9847が3本並んだ。が、大急ぎで撮ったのでピンボケ:;)



 この3本を、何回も、繰り返し試着。
 ホワイトダイヤルだったらRGかな、ということで、2本までは比較的簡単に絞れましたが、この2本から1本を選ぶのが大変。 
 愛用のゴールデンスクエアがホワイトダイヤルのクラシックなタイプなので、それとの使い分けという点ではブラックダイヤルに軍配が上がります。
 ただ、ブラックダイヤルにも難点を発見。
 まったく違和感なく、ぴったりと腕になじむ。なじみすぎる。収まってしまいます。ジーパンに、Tシャツ、TooMuch DualTime。普通に似合いそう。



toomuch08.jpg
(ブラックダイヤルは、ぐっとカジュアルに、引き締まって見せます。しかし、またまたピンボケ:;)


 これだけのモノを手に入れるためには、この収まりのよさは、むしろマイナス。
 収まりがよいという理由で選ぶんだったら、価格はともかく、パテックの5070や、あるいはA.ランゲ&ゾーネの1815クロノでもいいわけです。

 本物の良さと刺激感、ロジェの良さは、2つのベクトルが融合したような感覚を与えるところ。
 そうだとすると、ブラックダイヤルのぴったり感は、一般論としては歓迎なのだけれど、他の時計を買うときにとっておいてもいいのかなぁと。

 結局、この日は時間切れ。いつの間にか「最後の客」になっていました。
 「あ、もうこんな時間ですね。すいません、居座ってしまって。」
と口実を作って、ひとまず退散です。

 きっと1本しかなかったら、決めてしまっていたかもしれません。比較対象ができてしまったため、「一長一短」という都合のよい言葉で、決めきれない自分を正当化することが、できてしまいました。アラブの富豪だったら、どっちも買っちゃうんだろうけど、そうもいかず。

 帰宅途中、今回は縁がなかったということかなぁと言い聞かせていました。そして、「買わないという選択もある」と、言い聞かせながら就寝。


 翌日。

 昨晩試着したあの時計が、現時点においてベストの時計であることを、確かめようとしたのかもれません。逆に、世の中にはたくさんいい時計があって、昨日のあの時計はそのひとつに過ぎないことの方を、確かめたかったのかもしれません。理由はともかく、某百貨店以外の、都内の時計店をひとしきり見て回ることにしました。
 


toomuch07.jpg



 この中間の経緯は秘密です。
 結果だけいうと、某所でMOP文字盤のToo Muchを発見してしまい、即刻Yさんに連絡。その日のうちに取り寄せてもらい、前日に引き続き某百貨店へ。

 ウォッチトレーをもってYさんが。
 そして、かぶさっていた布が取り去られました。
 おぉ。・・・思わず声が出る。

 Yさんも、このMOP文字盤は初めて見たと言ってました。正直、ここまで美しい個体だとは、思っていなかったようで、半信半疑の状態で取り寄せたそうです。

 いつも親しくして頂いているゼニスのNさんにも登場願い、しばし、みんなで鑑賞。キャリバーの性能とか仕上げの話は一切なし。ただひたすら、2トーンのMOPの輝きを、いろんな角度から眺めます。暗い紫色から光沢がかった白色まで、有機的に輝きます。刺激的、かつ上品です。

 実は、取り寄せてもらえたことを知った段階で、心は決まっていました。Yさんも、Nさんも、口には出さなかったけれど、きっと分かっていたはず。ですが、手に入れる前でないと味わえない「感覚」を、最後に、十分に味わい、楽んだのでした。

 ひとしきり鑑賞を終えたころ、Yさん
 「できれば、このフェア期間中に決めて頂けると、大変ありがたいのですが。」
 「...はい。決まりで、お願いします、」

 感涙。
 激しく、満足。
 TooMuch DualTime RG MOPダイヤル、入手。




☆インプレッション

toomuch09.jpg



[Reference] :T31 9847 5 N126A,7ADT
 T31はTooMuchの31mm(ケース縦)ということです。31mmは、現在発表されているTooMuchでは最大のサイズで、ほかに22mm(レディス)と26mm(ボーイズ)があります。ケース横は40mmです。
 9847は、キャリバーがRD9847であることを指します。このキャリバーは、毎時21600振動の手巻ムーブであるRD98をベースに、デュアル・タイムおよびジャンピング・アワー機構を組み込んだものを思われます。


 5は、ケース素材がローズゴールド(RG 18k)であることを示すものです。ロジェデュブイでは、0がWG(ホワイトゴールド) 、5がRG(ローズゴールド) 、9が SS(ステンレススティール)を指すようです。
 N126A,7ADTは、文字盤の種類を示すものです。各英数字の有する意味は。。。わかりません:;詳しい方、教えてくださ??い。MOP素材であるとか、左がアラビア数字で右がローマ数字であるとか、そういったことが判別できるようになっているのでしょう、多分。

[フランス国立天文台の証明証]
 ムーブメントは、ジュネーブシールのほか、ブザンソンにあるフランス国立天文台の精度証明書が取得されています。ブザンソン天文台の証明証って、以前は表彰状のような大きな一枚紙だったような気がしますが、今回のはB7サイズの冊子でした。付属の皮製ギャランティーケースにぴったり収まるので、便利です。
toomuch10.jpg
(左がブザンソン天文台の精度証明証、右がジュネーブシール。下に敷いているのがギャランティーケース)

[ストラップ]
 アリゲーターのストラップで、ケース素材と同じRGのバックルが付いています。
 TooMuchのストラップは、ケース寄りで完全に2本に分かれていた以前のタイプと異なり、分かれていません。その代わり、中央部分に角型の小穴が空けられて、迫力を増したデザインになっています。たかだかストラップですが、全体の大きく印象が変わります。
(c)ayty | 2005/09/21,20:25 | Comment(11) | ROGER DUBUIS
この記事へのコメント
こんにちは。こちらも拝見させていただきました。
すばらしい時計と出逢われたようで、おめでとうございます。
ロジェの場合、「買わないという選択」が無い場合がありますからね(^^;

YGさんは、私もお世話になっている方のような気がします(笑
Posted by papiyon at 2005年09月26日 21:23
> papiyonさん
コメント、ありがとうございます。このブログを立ち上げて頂いた最初のコメントです(笑。
"「買わないという選択」が無い場合"、非常によくわかります!あれは何なんでしょうね。魔法です。
"YGさん"、きっと同じYGさんでしょうね。たまたま明日、N橋に行く予定があるので、挨拶してこようかと思っています。
今後ともよろしくお付き合い下さい!
Posted by ty at 2005年09月26日 21:57
Too Much Dual Time3本揃った光景は強烈です!
私がその場にいたら、そのまま倒れてしまいそうです。

「買わないという選択が無い」に私も同感です。
私は、「避けて通れない道」と言っています。
Posted by RD at 2005年09月26日 22:20
> RDさん
コメント、ありがとうございます。3本とも、1本しかなかったらきっとそれに決めていたくらい、それぞれ魅力的でした。今思い出しただけでも。。。クラクラします。
「避けて通れない道」、これくらい必然性を感じさせるブランドは、あまり他にないですよね??。
これからもご贔屓にお願いします。
Posted by ty at 2005年09月26日 22:38
> tyさん、
こちらこそよろしくお願いします。

やはりあのYさんのようですね。
鑑賞された後の台詞が、何だかYさんらしいなーと思いまして。

ロジェの一本を決める前に、お店を巡ってしまうのは非常に共感します! 
私も購入前の儀式として、正規店並行店問わず練り歩きますよ。
tyさんの秘密の中間経緯に、興味深いエピソードがあったことと想像します。
Posted by papiyon at 2005年10月08日 14:10
>papiyonさん
 時計に限ったことではなく何でもそうかもしれませんが、購入前にあれこれ思い悩んだり、興奮したり、そういう感覚って、購入後では味わうことの出来ないものですよね。
 
 ところで、明後日って、行く人、いらっしゃるのでしょうか。。。私は別な用事が入っているので、行けるかどうか流動的です。が、もし行く場合には TooMuch DualTimeを着用して行きますので、どうか声をかけてくださいね!
Posted by ty at 2005年10月08日 23:51
こんにち、初めまして。私はG40とT31を所有してます。TooMuch DualTime 一目惚れしてしまいました。早速、懇意にしているお店で取り寄せてもらいました。(WG、黒文字盤) 最高にかっこいい!!!欲しい!!! しかしG40今年買ったばかりだし・・・。簡単に買える値段でないし・・・。でもこの機会を逃がしたら二度と手に入れられないかも・・・。と悩んで悩んでいます。
Posted by mao at 2005年11月04日 09:21
maoさん 
はじめまして。
WG+黒文字盤のDualTimeも素晴らしいですよね。RD9847の機械的魅力はもちろん、オンにもオフにも使えるデザイン。嫌味がない迫力。MOPを購入した私ですが、店頭で黒文字盤を見かけると、「やっぱりこれもいいなぁ。」と思ってしまいます。1本持っているだけ自制がききますが。。
G40も今年なのですね。素晴らしい。心を持っていかれると我慢させてくれないのがロジェですから、一目惚れには逆らわない方が懸命と思われます。場合によっては、2ヶ月間耐えたうえで来年購入した形をとるとの便法も考えられるところです。
もっとも、ロジェの場合は、文字盤を含めた同一モデルは28本しかありませんので、文字盤のデザインに強い必然性を感じた時は、即決が求められます。T31-9847自体は、漸く今年に入って市場に出てきたものですので、これからも出会う機会はあると思います。ただ、maoさんのご覧になったその文字盤とは、もう出会わないかもしれませんね。
maoさんがどのようなご決断をなさるにせよ、これだけの大物と格闘する時間は、あとで振り返ると大変楽しい思い出になると思います。
購入なさったら是非、ご報告ください!いつか、2本並べて写真をとりましょう!
Posted by ty at 2005年11月04日 10:35
返信ありがとうございます。  オフ会の写真拝見させていただきました。TooMuch DualTime RG MOPダイヤル かっこいいですね。羨ましいかぎりです。他のロジェも素晴らしいのばかりで・・・。私のG40は写真の中の(WG、黒文字盤、6時位置スモセコ、RD14)GSと同じです。但しスモセコ形状が角でなく丸です。文字盤指名買いで、注文して一年ほど待ちました。                                ところで写真の中で気になる時計を発見しました。TooMuch ワンプッシュクロノこれもいいですね??!
Posted by mao at 2005年11月07日 18:17
RD14のG40で、しかもスモセコのインダイヤルが丸というのは、市場ではまだ数が出ていないと思われます。これを1年待ちで入手なさるとは、凄いコダワりですね。なお先日オフ会では、G40について、RD57とRD14とでケースの厚さが異なることが判明しました。RDの方が厚いため、ひと回り大きく見えます。
RD28のT31、いいですよね。私も欲しくなりました。さらにその翌々日には、某店にてちょうどこれを縦にしたようなRD28のM32に遭遇し、一瞬グラりとしました。危なかったです。
Posted by ty at 2005年11月07日 22:58
ロジェ病にはホトホト困りますね。
Posted by mao at 2005年11月08日 07:33