Friedrich III Lang&Heyne

ラング&ハイネ フリードリヒ3世

.


Details about the Friedrich III

This watch is based on the Friedrich II, which was introduced in 2011.
Same in its case and movement.
The difference between the two is dial.

F2 has double sank enamel lacquer dial with art deco numerals.
and F3 has simple sank black dial with roman numerals.


PC300033.JPG




Rose gold spade hands


DSC_1416.JPG




Seconds away from the centre


DSC_1415.JPG




Onion-shaped crown


DSC_1412.JPG




Point of the minute hand is gently curved


DSC_1456.JPG



Handwinding Movement "Caliber VI"

DIAMETER: 14 ½ lines (33.0 mm)
FREQUENCY: 18.000 bph
RUNNING TIME: 46 hours
JEWELS: 19 rubies, 1 diamond


DSC_1436.JPG




Winding wheels with double solar finish
These teeth are sharp and polished


DSC_1449.JPG




Swan-neck fine adjustment


DSC_1407.JPG




Gold-screw balance and Breguet spring

Sweep hand stop mechanism


DSC_1402.JPG




Pear-skin finish plate with hand-engravings


DSC_1403.JPG






PC300015.JPG




昨夏にドレスデンを訪問した際、郊外のレストランで食事をいただきながら
私はマルコさんにフリードリヒ2世の文字盤のカスタムをお願いしました。
快く引き受けてくれたマルコさん。細かな仕様は、帰国後にメールのやり取りで
決めました。

大型の自社開発ムーブメントCal.VIは、ドレスデンの古典に根ざした意匠を持ち
梨地のプレート、ゴールドのチラネジ、ダイヤモンドのテンプ受け石、
2.5Hzのロービート手巻きと、現行品としては最高クラスのものといえるでしょう。

この素晴らしいムーブメントを包むのは40mmのステンレスケース
WGやRGケースも選べるのですが、ラング&ハイネではステンレスを選べるモデルが
限られているため、せっかくなのでステンレスでお願いしました。

新モデルという位置づけになったのは、インデックスをローマンに変更したからため。
針は凄く迷いました。最後までポリッシュスティールのルイ針と迷った挙句、
シンプルなスペード針、視認性の良いRGにしました。


ラング&ハイネは年産30本〜40本という極めて限られた生産数ですが、
ドレスデン郊外の工房が生み出す最高の時計は、現在日本でも入手可能。
名古屋の【宝石のたなか】さん。日本における総本山です。


PC280057.JPG

AF-S Micro 60/F2.8 + D800E
ED75mm/F1.8 + OM-D


Posted by ...ty☆@ayandty
(c)ayty | 2013/01/19,08:00 | LANG & HEYNE