ドレスデンの誘惑 〜ラングアンドハイネ

tanaka05.JPG

.
 ラングアンドハイネ(Lang & Heyne)をご存知でしょうか。

 独立時計師のマルコ・ラングが、今はグラスヒュッテのノモスに在籍するミルコ・ハイネとともに2001年に創業したブランドです。
 ドレスデンの小さな工房から生産される時計は1年間で30本と極少数にすぎません。




 私がラングアンドハイネの時計を拝んだのは、昨年、友人が購入した「ヨハン」を見せて貰ったのが最初でした。
 陶製の文字盤、スペード型の青針、手作り感満点の大型ムーブ。ドレスデンの伝統・息吹を感じさせる作りに感動したのを覚えています。
 パテック・フィリップを初めとする大手メゾンの(現行の)時計と単純に比較することはできません。ミスリーディングになってしまうからです。芸術品の類ですね。



tanaka00.JPG


 今回いろいろな経緯がありまして、日本における唯一の正規取扱店である、名古屋のTANAKAさんにお邪魔して、じっくり見て参りました。



tanaka01.JPG


 今回の目当ては、冒頭の写真にもある「フリードリッヒ・アウグストT世」(ラングアンドハイネは、各モデルにドレスデン所縁の王の名を借りています。)です。

 3枚の陶板を使ったダブルサンクの文字盤、アラビア・インデックス。分を示すインデックスの赤字や複雑な針(「ルイ15世針」)も相俟って、クラシックかつ華やかな印象を与えます。端正なヨハンと対極ですね。



tanaka02.JPG


 43.5ミリという大型ケースに力強いラグ。しかしいわゆるデカ厚時計の印象はありませんでした。

 そしてこの針。現行の腕時計で、ここまで複雑で丁寧な針があるでしょうか!日々の生活の質を高めてくれそうな、魅力的な針です。
 アウグストにはスペード型の針の設定もありますが、せっかくですのでルイ15世針を選びたいものですね。



tanaka03.JPG


 ちなみにこのルイ15世針。RGケースとYGケースにはそれぞれ同素材の針が組み合わされます。これに対し写真のWGケースにはRGの針との組み合わせとなります。2トーンのお洒落な雰囲気です!

 ムーブも作りも大変丁寧で魅力的です。
 先端がフィリップスカーブを描く巻上げヒゲによって毎時18000振動のロービートを奏でるテンプは、文字盤同様の温もりを伝えます。

テンプの軸受けにはダイヤモンド!


tanaka04.JPG


 
 このように大変魅力的なラングアンドハイネの時計。
 ただ残念ながら、2月1日から全モデル20%〜の値上げとなります(WGケース+ルイ15世針のアウグストの場合、2,581,950円→3,118,500円)。
 もともとがかなり良心的な設定でしたので仕方ないものがありますが、購入を検討なさっている方にとって、今日は重要な日になりそうです。


【追記】
上記友人所有のヨハンと、FPジュルヌの(おそらく私の)オクタ・リュヌを並べて撮影した時の写真です。

KICX0026.jpg
(c)ayty | 2007/01/31,09:48 | Comment(5) | LANG & HEYNE
この記事へのコメント
TANAKAさんは水曜定休みたいですね。ということで、この記事を拝見してから買おうと思っても値上げ必至ということですかね?
気品のある針とリューズは大変魅力的ですね。
クラシカルなイメージの時計にしては若干でかすぎるし、現物を見ないと何ともいえないということで、自分を納得させることにします。
それにしても名古屋にまで遠征とは。。。かきあげでも食されにいったのでしょうか?
Posted by むむ at 2007年01月31日 14:24
むむさん、失礼しました。なんと水曜定休とは。。
ただ、たなかさんは大変親切なお店と見受けました。本日中にメールでオーダーを押し込んでおき明朝一番で電話を入れてAyTyの掲載が遅かったせいだ!!と頼み込めば、値上げ前の受付との扱いで交渉に応じて頂けるかもしれません(笑。

名古屋では時間がなくて食事を楽しむことはできませんでした。次回はひつまぶしを食べたいと思います!
Posted by ty at 2007年01月31日 15:13
ラングアンドハイネ良いですよね。
買ったんですか?

雑誌やネットみた感じで買わない理由を無理に書いてみると、
ケース○デカイのとラグの意匠がネック
文字盤○研磨・印字のせいか少し味が足りない
ルイ15世針◎素晴らしい!けど趣味じゃない
スペード針○立体感・色の深み(濃い青という意味じゃなくて)は感じるがまだ足りない!
ムーブ◎あーうっとりだけど、サンバーストをもう少し粗くしてシャトンをブリッジより高く厚いモノにして!
と思ってます。

これは現物みると全て覆る可能性大なのであえてまだ見てません!(笑)
Posted by たけちゃん at 2007年01月31日 20:52
たけちゃんさん、さすがですね。勉強になります!
特徴的なラグは、大きなケースを受け止めるためのデザインなのでしょう。しかし仰せの通り、賛否両論あると思います。
ルイ15世針は私もカタログ上の印象はネガティブだったのですが、実物をみて一変でした!複数の時計を使い分ける前提にたつと、割とイケる気がします。
Posted by ty at 2007年01月31日 23:36
> 買ったんですか?

 残念ながら私は未だ購入していません。

 しかし幸いのこと、つい最近、素晴らしい決断力を携えた友人が至高の品をGETしました!
 羨ましい!!
Posted by ty at 2007年01月31日 23:50