Only Watch 2017 results

IMG_9267.jpg

.
ジュネーヴで現地時間11月11日午後2時30分(日本時間午後10時30分)から開催された時計業界最大のチャリティーオークション、オンリーウォッチ(ONLY WATCH 2017)、皆さまお楽しみになったでしょうか。
オークションはクリスティーズによって行われましたが、オンライン入札が可能な今、書斎やお茶の間、はたまたスマートフォンを使えばどこからでも参加できます。便利な時代になりましたね。

私もささやかな予算で楽しまさせていただきましたが、結果的には全く歯が立ちませんでした!

個人的に最も注目していたのはもちろん、Lot 32 F.P.Journeのワンプッシュ・スプリットセコンドクロノグラフでした。
ONLY WATCHに出品された50ロットの中で唯一、このオークションのためだけにムーブメントから新設計された贅沢なもの。ジュルヌさんいわく、特に独自に発明した機構ではなく、伝統的なスプリットセコンドクロノグラフを作ってみただけだ、とのことですが、既存モデルをベースにケース素材やダイヤルデザインをアレンジする程度のLOTが通常である中、チャリティーのための完全新設計というのは、本当に素晴らしいというほかありません。
くしくも今年1月に完結作が発表されたVagabondageシリーズも、初作は、チャリティーオークションのために特別に製作されたスライディングアワーウォッチでした。

で、そのジュルヌさんによる

Lot 32 F. P. JOURNE  CHRONOGRAPHE MONOPOUSSOIR RATTRAPANTE BLEU
ENTIRELY NEW WATCH DEVELOPED EXCLUSIVELY FOR ONLY WATCH WITH A NEW CASE OF 44MM IN TANTALUM, A NEW CALIBRE CHRONOGRAPHE MONOPOUSSOIR RATTRAPANTE IN 18K ROSE GOLD AND A NEW BLUE CHROME DIAL.


ですが、クリスティーズが設定したEstimate であるCHF200,000 - CHF400,000 はおろか、私が密かに設定してた予算を大きく超える CHF600,000からスタートするという、異例の加熱ぶり。
10年ほど前のチャリティーオークションでのサンティグラフスポーツ以来、ジュルヌの特別なモデルでは恒例とはいえ、私のような零細コレクターにも少しは楽しみを残してもらいたいものです。

その後もどんどんビットがなされ、最終的にはCHF 1,150,000(日本円で約1億3110万円!!)で落札されました。

ここまで上がると、落札できなかった悔しさはまったくなく、清々しい気持ちでした!


ONLY WATCHのたびに、通常は扱わないチタンケースの時計を出品してきたパテックフィリップは、今年もチタン。ミニットリピーター、クロノグラフ、永久カレンダーを搭載したRef.5208のチタンモデル、Ref.5208T-010がLOT12に登場しました。
その結果は、既に多くのニュースサイトで報道されているとおり、CHF 900,000 - CHF 1,100,000のEstimateに対し、CHF 6,200,000(日本円で約7億0680万円!!)で落札されました。ONLY WATCH ではオークションハウスは手数料を取りませんので、いわゆるバイアーズプレミアムのない落札価格です。

IMG_9265.jpg


このほか特に加熱したロットとしては、チュードルによるLOT6 TUDOR BLACK BAY BRONZE ONEが、CHF 4,500 - CHF 5,500のEstimateに対し、CHF 350,000(約3990万円!!)で落札されました。エスティメイトからの倍率という点ではこれが一番。

そして、私が今年ジュネーヴ(SIHH2017)でオーダーしてきたオーデマピゲのロイヤルオーク・パーペチュアルカレンダー・ブラックセラミックの特別モデル、LOT47 ROYAL OAK PERPETUAL CALENDAR ONLY WATCH, UNIQUE PIECEは、CHF 80,000 - CHF 120,000という控えめなEstimateに対して、CHF 800,000(約9120万円)という、これまた強烈な価格で落札。
現在はベースモデルすら生産数が極めて少なく、デリバリーが全く追いついていない状況ですので、ある程度のプレミアムは予想されていましたが、いくら特別に手のかかったモデルとはいえ、ベースモデルの10倍という落札価格には驚くしかありませんね。


そんなことになるとは予想だにしていない私は、今日ブラックセラミックをつけて皇居の周りを散歩していました。もっと大切に扱わなければ。

IMG_9204.jpg

以上が、特に注目されたLOTでしたが、これ以外のLOTも、全体的にはESTIMATEの上限か、それを超える価格で落札されたものが多く、高級時計市場に再び活気が戻っていることを伺われる結果だったと思います。
もちろん、その中にも、結果的にお買い得だったLOTもちらほら。
個人的には、ヴティライネンによるLOT4 VOUTILAINEN 28Sは、Estimate のCHF 55,000 - CHF 85,000の範囲であるCHF 75,000で落札。私も途中まで参戦していたのですが、後に本命のF.P.ジュルヌが残っていましたので、CHF 65,000までしか追いかけられず。結果的には、予想していた落札価格より低かったため、やや悔いの残るLOTとなりました。


それでは皆さん、よい週末をお過ごしください。

(c)ayty | 2017/11/12,03:21 | Others(PHOTO)